« 2012年6月 | トップページ

2012年7月

2012年7月 3日 (火)

結構過酷なバスの旅

カトマンズを出発したボロバス。屋根の上まで満席状態で、ヨロヨロと走っていく。もともと古いし、満席でヨロヨロなのに、山道&狭い&ボコボコ道を走ることになるので、もうバスは瀕死の状態。おかげでスピードは全くでない。

自転車のほうが速いのはもちろんだが、高校生の長距離選手のほうが速いと思うほどのスピードだ。地図で見た時、カトマンズと目的地のシャブルベンシは、あんまり離れていなかったのになぜ8時間もかかるのだろう?と不思議に思っていた。今日、その疑問が一気に解決。スピードが出ないのである。もちろん、山道で直線が少なく距離も見た目以上にあるだろうが、やっぱりスピードが出ないのが一番の原因。

定員を守り、バスを新しくしたら少しは違うのかもしれない。けど、舗装をきちんとして欲しいとも思う。つまり、このカトマンズ~シャブルベンシ間の時間短縮にはまだまだ時間がかかるということだ。

座席のクッションもイマイチだし、長時間のボコボコ&ヨロヨロ運転は結構きつい。日本で長距離バスだと、座席も綺麗だし、何より日本の高速道路は見事な舗装道路なので、揺れも少ない。常にガタガタ揺れているので、寝ることもできないし。

でも、途中からこのヨロヨロバスの旅を楽しめるようになって来た。諦めが入ったのかもしれないが。景色を見ながら、過ごしていると結構楽しい。何も考えず、本も読まず、音楽も聴かず、ただ外の景色を眺めるだけ。なんか良い感じだ。まぁ、たまに揺れて窓枠に頭をぶつけたりするんだけど。

途中、ご飯休憩を1回挟み、8時間でシャブルベンシに到着した。もうクタクタだ。そういえば、8時間のバスの旅、休憩は1回だけ。そのほか、トイレ休憩は何度かあったけど、別にそこにトイレがあるわけじゃない。大自然のトイレである。男性はいいが、女性は困るだろう。女性でシャブルベンシにバスで行く場合、前日の夜から水分摂取は控えたほうがよいだろう。

« 2012年6月 | トップページ